Diary 2006. 5
メニューに戻る
5月31日 (水)  世話係さん、お疲れさま。

当社の3匹の、いや失礼2匹の社用犬です。「モリヒロ」と「ひらりー」です。もう12歳です。いい名前でしょう。時の総理大臣と大統領夫人の名前を拝借しています。・・・エピソードとして、モリヒロが子犬の時に家出をしました。社員全員で「モリヒロー、モリヒロー」と捜していましたが、その時ご近所の方が「子供さんがいないんですか? 誘拐かも知れないから早く警察に・・・」と、いう事もありました。今では当社の看板娘が世話をしてくれていますので、安心しています。本当にご苦労様。ピンがボケていてごめんね。

写真
左:モリヒロ
中:S(ニックネームは「ネコ」)
右:ひらりー

20060531-1.jpg



5月28日 (日)  第22回鹿島ガタリンピック

今年も開催された鹿島ガタリンピック22回目を迎えました。自然と親しむ、あるいは、自然に感謝するなどイベント性だけでなく、現代社会に大切なものを教えてくれますね。当日は取材のために行きましたが、次回は参加したいですね。実行委員会の皆様、お疲れさまでした。

写真左:「オッと転ける」・・・・この後は、全身真っ黒になっていました。でも潟にまみれるのも気持ち良さそうですよ。
写真中:県内の大学で勉強しているバングラディシュのPh.Dの方も猛ダッシュして見事1位の栄冠に。
写真右:この競技は、ワールドカップを取る競技で各国の参加者を中心としたものでした。

20060528-1.jpg 20060528-2.jpg 20060528-3.jpg



5月13日 (土)  地域活動

本日は、私の住む嬉野市塩田町での地域活動でした。俗にいう「溝掃除」なのですが、これがたいへんなのです。まず朝の8時から始まり、12時まで徹底的に行われます。以前は8時から17時までの(労働)でした。それだけではなく、地域での行事では、まだいろいろとあります。私は否定派ではなく、改善派なのですが、一人だけ浮いた存在なのです。でも今回は班長という名誉ある(?)役目のため頑張りました。・・・しかし、いつまでもこんな事を続けていたら、この地区に移り住もうという人はいませんよ。少子高齢化社会、それでなくても人口は減るだけ、対策を考えなくてはね。

写真左:住宅回りだけでなく、農業用の水路まで。
写真右:お疲れさまです。

20060513-1.jpg 20060513-2.jpg



5月12日 (金)  ガンバッている、交換留学生ケリー。

5月11日のブログで紹介した明日香園には、交換留学生がいます。
ロスアンジェルスより、県内の高校に通っているケリーです。昨年から来日していますが、慣れない日本での高校生活と小さい頃から習っているバレーそして最近では、「お唄い」まで・・・異文化を吸収しようとする意欲は凄いですね。バレー教室は当社の近くの教室を紹介しましたので毎週元気に通っています。時々会社にも寄ってくれます。

写真左:ケリーとツーショット。山口夫妻が父と母だったら、私は(若い)伯父さんでしょうか。
写真右:明日香園の山口氏が研究している健康飲料です。私も本日よりモニターとして飲用しています。多くの方がその効果に驚いておられます。一ヶ月後の報告をお楽しみに。

20060512-1.jpg 20060512-2.jpg



5月11日 (木)  たらふく館(太良町特産品販売所)

姉妹会社の取材業務で太良町を訪問。同町は私の住居のある、嬉野市塩田町とは同じ藤津郡であった町です。現在太良町は合併せずに一郡一町ですね。
さて一年前にオープンした「たらふく館」は、さすがに有明海の産物が豊富に置いてありました。また農産物も新鮮さとリーズナブルさが伺える内容でした。
そこには、当社のクライアントの商品も販売されていて評判も上々とのこと。
それは「カサブランカ」Mede in Asukaen(http://www.asukaen.com) 明日香園の山口氏はゆり作りでは、全国でも名を馳せた方です。出荷も全国におよび、明日香園ファンもいらっしゃるとの事。

写真左:店内の明日香園のカサブランカ、ひときわ豪華な雰囲気を醸し出していました。
写真中:たらふく館正面から
写真右:たらふく館のサイン

20060511-1.jpg 20060511-2.jpg 20060511-3.jpg



5月9日 (火)  花の情報/第四号・バラ&ゆり [バウハウスガーデン]

今年も咲いています、我社のバラ。ピンクのバラの花言葉は「美しい少女、上品、気品、しとやか」ですが・・・新人社員の24歳のSが少しは該当しそうですね。少しですが・・・。5年前に農家からいただいた苗を大事にしていたら、毎年咲いてくれます。そろそろ花壇にも、他の苗を植えなければと思います。

写真左:会社の玄関に活けているバラの花。(Made in Bauhaus)
写真中:二、三日で咲きますよ。
写真右:取引先のゆり生産農家である明日香園(http://www.asukaen.com/)より、ゆりの苗をいただきましてので植えています。優雅な姿も近々見られそうです。

20060509-1.jpg 20060509-2.jpg 20060509-3.jpg



5月5日 (金)  地方を変える、若き議員。

中学校の先輩であるO先輩宅で若手の嬉野市議会議員のOH氏と懇談。29歳の若さで上位当選を果たしヤル気満々の若人です。市議会の中では、総務企画に属し、広報誌作りも担当しているとの事。市全体の事を把握できていいことです。嬉野町と塩田町が合併した嬉野市ですが、フレッシュな議員の出現で私たちは大歓迎です。「大胆で新鮮な意見を堂々と」頑張れ、後輩。

20060505-1.jpg



5月4日 (木)  久々の休養日

ゴールデンウィークの一日だけは、休養日でした。
佐賀県嬉野市塩田町の「志田焼き」に行ってきました。
・志田焼の里博物館は、大正から昭和まで実際に稼働していた旧工場を「志田焼の里」として平成7年に「塩田ロマンテック街道」の拠点整備事業を活用して修復されたものです。嬉野市塩田町には、このような窯跡が多く見られます。私の自宅のある大草野地区にも、志田焼と同じような生活に使っていた焼物の窯跡があります。それは天草より船を使い陶土を運搬する際の港として、「塩田津」の存在があったせいでしょう。

写真左:志田焼の窯跡、人物はO代議士です。
O代議士は財務省の官僚からの転身ですが、その人柄や物事に取組む姿勢には感心させられます。休日のこの日も、外交・農業・地場産業のことと、私たちの議論には休日はありませんでした。

写真中:火鉢
今では珍しくなりました、染付けの火鉢です。私の小さい時までは使っていました。今では貴重品ですね。東京のプロデューサー仲間に送ってやったところ、凄く喜んでくれました。ただし、中に入れる灰づくりは母に頼む意外手はありませんでした。(それがたいへんでした)

写真右 燗瓶
酒好きの私には応えられない「染付草花文燗瓶」。同じ酒を飲むにしても、ひと味もふた味も違います。(本当に!!) 

20060504-1.jpg 20060504-2.jpg 20060504-3.jpg



2006/5
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月