Diary 2008. 4
メニューに戻る
4月10日 (木)  仲間達

□写真左:こころ支援研究所所長 吉田 満氏 写真中:伊敷さん
吉田所長は、今年1月にBE訓練に参加された方です。氏の最初のメールには、「すごい体験をさせていただきました」とありました。私がBE訓練を勧めた方で吉田所長で10人位になります。とても喜んでいただけました。共に頑張りましょう!!
 次に伊敷さんですが、この方とのご縁も不思議なもので沖縄出身の伊敷さんは、従兄弟と沖縄の宮平氏が同級生であり、福岡でウチナーの話ができる数少ない人でもあります。また行徳先生にあの「ひかり食堂」を紹介した人でもあります。[ひかり食堂:沖縄そばがおいしいマチヤグワー(町にある店や食堂など)。とくに先生の好みはテビチそばです]
□ 九州のBE体験者であれば、ほとんどの方がご存知の永野さん。今回の特別例会も永野さんのご苦労があってのことです。年に数回の集まりも、九州での女性セミナーも、そのすべてにご尽力をいただいております。ただ感謝、感謝です。

20080410-1.jpg 20080410-2.jpg



4月9日 (水)  「凛と生きる」九州BE会 特別例会にて

□行徳哲男先生(写真:左) [日本BE研究所所長] 当ブログにも何度も登場していただいている私の、いや私たちの師です。・・・・先生とお会いする時には、誰しも思うことは、時間が読めないのです(待ち合わせ時間より、大体30〜1時間、時には2時間以上は待つ)。それもそのはず、時計をお持ちではなかったのです。今日あらためて分かりました。「時間は私だ!!」自分を中心に生きろ、時間が不安を作る、「明日をも知らず、蝉の声」・・・・昔・今・未来、私は今を生きている・・・・。獣(けもの)には明日がない。・・・・「私が私で生きていくこと、それが自分に返ること」・・・・・。私もそうやって生きていきたいとは思いますが・・・・。今年の1月にもお会いしましたが、お元気です75歳の先生から若い私たちが元気をいただいているのも変な話です。今を生きている随所に気≠ニ凛とした生き方≠ェ必要だと感じたひとときでした。今月の19日、全国BE会には出席できそうにありません。申し訳ありません。
□鈴木啓之牧師(写真:右) 上京した時に、よくお会いする鈴木牧師です。渡瀬恒彦主演の映画「親分はイエス様」のモデルになった方です。たまたま私と同年の鈴木牧師ですが、今までの人生の歩みは、まったく違っており、壮絶なる日々を過ごしてこられました。今回はアメリカから強制退去を受けた後に、なんと大統領主催の昼食会に主賓として呼ばれ、世界の要人の前でスピーチをされたお話をしていただきました。「スゴイネ、鈴木牧師!! 佐賀にもきて下さいよ。」と言ったら、「いいですよ筒井さん、いつでも声を掛けて下さい。」との返事でした。5年前に行徳先生を佐賀にお呼びしましたので、次の機会には鈴木牧師も一緒においでいただければと思います。
□ マイク小西氏(写真:下) 1985年アメリカに移住し、独自のゴルフスイング理論「SNSメソッド」を指導する。1992年には、レッスンオブザイヤーを受賞し、岡本綾子をアメリカLPGAの賞金女王に、パティー・リゾをLPGAの影の賞金女王に、マーク・ オメーラをメジャーチャンプに、その他にも数々の成果を上げ、ゴルフティーチングプロとして 活躍。(本名:Michael Konishi,USA)
・ この日は私たちに、姿勢について実践を交えてのお話をしていただきました。氏の持論である、身体の姿勢と心の姿勢が根幹としてあるべきと考えは十分納得ができました。マイクさんに教えられたストレッチは、椅子に座りながらできるので実践していますよ。ありがとうございました。

20080409-1.jpg 20080409-2.jpg 20080409-3.jpg



4月7日 (月)  4月8日の披露宴には、馬場弘和君も一緒でした。

現在、メタボ何とかといわれている私と、全くその心配のない馬場君。並んで座るとよーく分かりますね。馬場君は、ずーっと53kgの体重を維持しているらしく、体調もすこぶる良好とのこと。私と言えば、自分に課せた(?)50本のスモーキングと毎晩の飲酒そして馬場君の体重から160〜170%も掛けなければいけない体重。情けないを通り過ぎていますね。

20080407-1.jpg



4月6日 (日)  同窓生の2世が集合しました。

写真:左 本日の主人公の一人である、前田敏彦君(前田博敏君の長男) この度、大草野の前田家にお嫁さんを迎えて博敏君夫妻とともに生活するとのこと。よかった、よかった。さて、その披露宴で2世が2名いました。山下正敬君の長男、太郎君と富永真佐男の長男、慎君でした。写真:右は、余興前で写真:下は余興後です。登場いただいた2世の近況ですが、太郎君はただいまフランスからの留学帰りとのこと。そして慎君は、鹿島市のT社勤務。この2人、いや3人、やはり親に似ていますね。明るくて同級生の門出を祝おうとする余興のために、当日の朝5時まで練習していたとのこと。上手下手は別にして、(上手でした)その心意気に乾杯ですね。お互いの明るさとひょうきんさは親譲りでした。慎君については、以前私の自宅にきてくれた時に、たしか中学生になったばかりだと思いますが、「慎君、おじさんの子供(鮎子)は、女の子なのでなんかあったら、守ってくれよ」と言ったことを憶えていてくれてうれしかったな。君たちも、早くお嫁さんをもらって下さいね。(太郎君・慎君メールをくれよ・・・・約束しただろう)

20080406-1.jpg 20080406-2.jpg 20080406-3.jpg



2008/4
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

前月     翌月